FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺とあいつの話。私とあいつの話。

時折見る本当のような嘘のような夢。

俺はあいつで。

私があいつで。


つやつやした栗色の髪の毛。人に言わせれば豊満な身体。スタイル抜群の美人。

襟足もみあげ眺めのしっとりとした黒髪。長いまつげにぱっちりとした大きな瞳。普通にイケメン。


俺らは生まれてくる順番間違ったんだよ。

きっとそうなのかもしれないわね。

このジャージきる資格俺にあったかな。

意外と似合ってるわよ。

ほんとはお前がきるはずだったのにな。

何よ今更。私は今のほうが好きよ。意外に目立つでしょ?

色んな意味で目立ちますが。

それどういう意味よ。

いいえ、なんでも。

まぁ、いいわ。


それにしてもこうしてまたお前に会えるなんて思わなかった。

あら、またどうしてそんなこと?

もう一生会えないかと思った。

だからなんでよ。

4人目がなかったら、俺はお前の犠牲の上に成り立ってかもしれない。

犠牲だなんてまた大きなことを言うのね。私ごときが貴方の犠牲になると思ったの?幸せな頭。

うるせぇよ。それでもホッとした。

なによ、気持ち悪いわね。咲原よりも気持ち悪いわ。

ふざけるなよ。なんで俺があんなシスコンと比べられなきゃいけねえんだ。

じゃあ、貴方と同じ学校の…しゅ、しゅ・・

修哉?

そうそれ。と…

比べんの^0^?

女って比べるの好きだよな。

男だってそうでしょ。人間の性よ性。

別にもう何でもいいけどさ。

あなたがふざけるなって言ったからよ。馬鹿。

馬鹿っていうな。俺はお前より頭いいんだぞ。

じゃあそれをテストの形に残さなきゃいけないのに、なんで残さないのよ。頭いかれてんの?

いかれてねえし。ただめんどくさいだけだよ。

まぁ!呆れたわ。めんどくさいってだけでこれからの人生棒に振るのね貴方。

誰も棒に振るなんて言ってねえよ。ただ、なんていうかさ

何よ。

馬鹿な方が後輩も寄ってきてくれるじゃん。完璧(になり損ねた人間だけど)だと関わりたくないじゃん。

そうかしら。

威厳ない先輩のがいいだろ。俺より頭悪い先輩で、話しやすいっていいだろ。

それはあなただけだと思うけど。

まぁ、そうかもしれねえけど。俺はお前の言ってた通り、このままでいいよ。今の現状に文句はねえ。

私の名前を名乗る気分はどう?

何も思いつかねえよ。

そう。

俺が、代わりでごめんな。

何よ今さらでしょ。

ちゃんとお前の名前大事にするから。

大切にしてよ?

お前の不幸も俺が持っていくよ。この名前と命と一緒に。

兄妹で不幸になるのね。

そうかもしれねえな。それでもいいさ。

親からもらった大事な名前だ。変えるなんてことはない。
俺も、あいつ分生きてやる。柚都もそれ以上に生きてほしい。

じゃあ、私も貴方の代わりに頑張ろうかな。
もう一度生まれてこれたチャンスを手にしてね。


じゃあな

さよなら


夢の中で合ったほんとのようで嘘なようで本当の話。

俺たちは 私たちは 元々 一つの存在だった。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。